飲み合わせる薬にも注意しましょう
大豆で健康維持

飲み合わせる薬にも注意しましょう

イソフラボンのサプリメントを摂取する場合に気をつけないといけないことはまず過剰摂取を避けるということがあげられます。
過剰摂取をすることでホルモンバランスが崩れてしまうという可能性がありますので避ける必要がありますがもう一つが飲み合わせに注意する必要があります。

そもそもサプリメントというのは飲み合わせというものをしないのをお勧めします。
その理由として体調を壊してしまう可能性があるということになります。

どうして体調を壊してしまう可能性があるのかというと、もちろんそれはサプリメントによりますがたとえばプラスの効果があるものにプラスの効果があるサプリメントを服用すれば相乗効果を期待することができますが、もしプラスの効果のあるサプリメントとマイナスの効果があるサプリメント服用した場合にどうなりますでしょうか。
効果がぶつかり合うことでどうしても体調を崩してしまいがちになるでしょう。

同じような効果だったら大丈夫と思われるかも知れませんが効果というのは一つではなく複数の効果があるサプリメントがほとんどです。
効果の中のどこかにプラスとマイナスがある可能性がありますのでそういったことを考えた上で飲まないようにすることをお勧めします。

ここから先はイソフラボンで予防や改善http://www.cf-rc.com/ken.htmlができることをいくつか紹介したいと思います。

まず、イソフラボンは女性ホルモンであるエストロゲンに似た働きをすることは有名ですよね。
その働きによって、
・更年期障害の緩和 http://www.southersalazar.net/tyu.html
・バストアップhttp://www.tourofcalifornia-solvang.com/koxtusori.html
など女性に嬉しい効果が期待できます。
他にも、アンチエイジング効果も期待できるため、いつまでも若々しくいたい方、ニキビを治して美肌を目指している方、薄毛を改善したい方などから支持されています。

大豆食品に多く含まれている成分のため、納豆や冷奴、お味噌汁など和食中心の食事をすれば効率よく摂ることができます。
和食中心が難しい方はhttp://www.uc-osteoporosis.com/sapur.htmlで紹介されているようなサプリメントタイプでの摂取はいかがですか?


このページの先頭へ