妊婦は大豆イソフラボンを摂取しない方が良い
大豆で健康維持

妊婦は大豆イソフラボンを摂取しない方が良い

一般の人の健康には役立てられる大豆イソフラボンですが、妊婦の人が摂取するとあまり良い状態とはいえません。
体に悪影響があるということを考えておきましょう。

この注意として大豆イソフラボンを摂取する量ということがポイントです。
まず、大豆イソフラボンの1日の安全な適正量として設けられているものが70ミリグラム程度だといわれています。
そして妊婦さんの場合は30ミリグラムに抑えるべきだといわれています。
これはホルモンバランスが崩れる恐れがあるので、それによって妊婦さんの体調が崩れてしまうことが原因です。

しっかりと研究されていますので極力摂取は控えた方が良いです。
ただ、そこまで過敏になる必要はありません。
上限として食べ過ぎない、摂取しすぎないことを抑えておけば大丈夫です。

摂取しすぎると、血液中の女性ホルモンが低下してしまう恐れがあるので危険が伴うということになります。
これを抑えておけば加減が分かると思います。

普通は大豆イソフラボンはとても体に良く、乳がんや骨を強化してくれるなどの働きがありますが摂取のし過ぎは逆効果になりますのでしっかりと覚えておきましょう。
妊婦さんの場合は摂らない事は実質厳しいですが30ミリグラム以下にして下さい。
しっかり覚えておきましょう!

このページの先頭へ